Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カウンター&ランキング
人気blogランキングへ
面白ニュースランキング
ブログランキング 国内ニュース
ブログランキング 洋画
お気に入りリンク
アンブーの音楽ブログ(YouTube日記)
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Latest Entry
スポンサーサイト
2009.09.13 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています



| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark | トップページへ
「バミューダ・トライアングルの謎」不思議ですね〜。
2009.01.22 Thursday 00:36
「バミューダ・トライアングルの謎」
この手の話、小学校のときくらいに
夢中になった記憶があります。

バミューダトライアングルとは、フロリダ半島、バミューダ諸島、
そしてプエルトリコを結んだ三角形の海域です。


そこで消息を絶ってしまった船や飛行機が後を絶たないことから、
この海域は”魔の三角海域”と呼ばれるようになったのだとか。

このDVDでは、その謎を追うドキュメンタリーなものでした。

↓バミューダトライアングル(wikiより)


この海域は日差しが強く霧も発生しやすい、
しかも風も潮の流れも少ない海域みたいです。

そしてこの海域には”サルガッソー”という長い海草が生えているため、
それが船に絡まり動けなくなる。

霧のせいで帆は垂れ下がり、身動きすら取れなくなる。
そのまま脱出不可能となり、あとは沈むのを待つしかないわけです。

でもそれだけだと飛行機が行方不明になるのは説明がつかない。

飛行機の場合は、この海域から排出される”メタンガス”が原因では
ないかと考えられているそうです。

普段は海底で凍ったままみたいなのですが、
海水の温度が上昇すると、大量のメタンガスが発生してしまうのだとか。

そしてそれが上空まで立ち上って飛行機のエンジンに
吸い込まれ、爆発してしまう危険性があるのだそうです。

ただこれはひとつの仮説であって、
いまだに解明されていない謎のひとつなのだとか。

これだけ科学が発展した今でも解明されてないんですね・・・。


・・・そしてもうひとつ。

このDVDでは、それとはまた違った”奇妙な体験をした”という人の
インタビューも収録されていました。


この海域を飛行機で飛行中、(セスナだったかな?)

いままで見たことのない”トンネルのような雲”に遭遇し、操縦がきかなくなり、
その雲に吸い込まれるように入っていったのだそうです。

↓これが精一杯のイメージ図(自作です。幼稚すぎる)


雲のトンネルに入る前も、その中でも、
操縦がまったく効かなかった。

そしてその雲のトンネルを抜けると、なんと
別の世界へ来てしまった・・・。


と思いきや、
まったく今までと同じ世界。

特に変わったことはなかったそうです。(笑)

「あの雲はなんだったんだろう・・・?」


そう思いながら目的地に着き、時計に目をやると、
なんと予定の時刻よりも
ありえないほど速い時間で到着していたそうです。

びっくり。。。びっくり


行方不明だけじゃない。
不思議な現象も起こりうる魔の三角海域”バミューダトライアングル

機会があれば行ってみてください。(行かないって)

 サイエンス・ワールド バミューダ・トライアングルの謎(レンタル)


| ダイゴロウ | マニアックな映画 | comments(0) | trackbacks(104) | pookmark | トップページへ
スポンサーサイト
2009.09.13 Sunday 00:36


| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark | トップページへ
Comment
name:
email:
url:
comments:
2010/08/24 3:51 AM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。