Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カウンター&ランキング
人気blogランキングへ
面白ニュースランキング
ブログランキング 国内ニュース
ブログランキング 洋画
お気に入りリンク
アンブーの音楽ブログ(YouTube日記)
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Latest Entry
スポンサーサイト
2009.09.13 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています



| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark | トップページへ
科学と人間性について「スチームボーイ」
2009.01.24 Saturday 21:33
さいきん関心のあることに、
科学と人間性”というものがあります。

そして、なんとなく見たいなと思ってみて見たのが
映画「スチームボーイ」でした。

見るまでは、この映画がどんなものなのか知らなかったです。
でもテーマはまさに、科学とそれを扱う人間性への問い

グッドタイミングでした。
”機械は制御できる、しかし人間を制御することは難しい”

この映画を見てそう思いました。う〜ん深いです。しょんぼり

この映画は、監督である大友克洋氏の名作
「AKIRA」の世界を期待して見るとガッカリものでしょう。

でも”科学と人間性”について考えながらみると、
格段におもしろさが違います。拍手

天才科学者同士でもあり、親子でもある二人、ロイドとエディ。
しかし科学者としての、”科学を見る見識の違い”!


エディ:「科学はすべての進歩に寄与しなければならない!」
「兵器もまた、そのひとつなのではないですかお父さん!」


ロイド:「科学は宇宙の真理を解き明かすためのものだ!」
「人間のおろかな行為に手を貸すものであってはならんのじゃ!!」


エディ「次の世紀、次の世紀へと科学は歩みを止めることはない。」
「人々は、科学の圧倒的な力に酔いしれるのです!」


ロイド「確かにそうかもしれない、しかし今の人間には、
このとてつもない科学を受け入れられるだけの心ができてはいないのだ!」



エディ「心は後から付いてくる!」
ロイド「人の心が先じゃ!」


天才科学者エディの息子であり、科学者としての
血を受け継いだ主人公レイ


未来の希望とも言えるレイ。
”彼はどちらの考えを選び、受け継ぐのか。”

レイ:「お父さんは本当に間違えてるの・・・?」

エディ:「それはお前が自身の目で見て決めるのだ。レイよ・・・。」




・・・見ごたえがありました。

おそらくおもしろくないという感想の方は、
「AKIRA」を期待して見たのでしょう。残念・・・ショック

 >>スチームボーイ(レンタル)

科学と、それを扱う人間について、
もっと深く考えさせられた映画でした。悲しい


| ダイゴロウ | 映画 | comments(4) | trackbacks(3) | pookmark | トップページへ
スポンサーサイト
2009.09.13 Sunday 21:33


| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark | トップページへ
Comment
2009/01/25 11:28 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2009/01/26 7:16 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2009/01/31 12:33 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2009/01/31 11:32 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
2009/01/25 3:57 PM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。